ホーム協議会の紹介東海目録東海目録研修会・ユーザー会>平成20年度
平成20年度 東海目録研修会・ユーザー会報告

開催日:2008年7月24日(木)
場 所:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院 
     http://toyota.jaaikosei.or.jp/index.html
参加者 65名
      東海目録会員26名
         (愛知11機関15名 岐阜2機関3名 三重1機関1名 静岡7機関7名)
      予備会員2名(愛知1機関1名 静岡1機関1名)
      非会員 12名(愛知9機関11名 岐阜1機関1名)
      正会員4名 (愛知3機関4名)、WG 4名、事務局 1名、業者4社16名

午前中のテーマ 
病院図書室業務の基礎講座シリーズ その4:病院図書室の資料管理

今回の研修会のために、WGがメールで病院図書室の資料整理業務についてアンケートを行った。
55機関から回答を得た。結果報告はこちら(エクセルファイル
 その後、以下の4名の事例報告の発表があり、質疑応答がなされた。

1.津島市民病院管理課用度グループ 光田貴子さん Excel利用
2.袋井市立袋井市民病院図書室   望月雅子さん Access利用
3.刈谷豊田総合病院図書室     武田昭子さん 情報館利用
4.豊田厚生病院図書室       鈴木初枝さん 司書アシスト利用


昼食後、東海目録ユーザー会として以下の連絡を行った。
  以前から、それぞれの機関独自で、不用雑誌や廃棄雑誌の連絡が東海目録メールで流れており、WGでそれを組織化したらということになった。
日本医学図書館協会の重複雑誌交換制度を手本にして、東海目録ユーザー会でも重複雑誌交換を行ったらどうかとの提案をした。特に反対も賛成の意見もなく、とりあえず実施してみようということになった。案内は10月ごろの予定。


午後のメインテーマ 「雑誌講読に関する学習会:電子ジャーナルレビュー」
 4業者のプロダクトレビューが行われた。
1.紀伊國屋書店:LWW電子ジャーナル提案(病院向け)、Springer Link医学分野、
生物医学/生命学分野オンラインパッケージ(病院向け)  
2.丸善 Journal Consult,、MD Consult、Access Medicine
3.サンメディア Proquest、MyiLibrary、PierOnline
4.ユサコ BMJ Publishing Group パッケージ(病院向け)Stat!Ref  


 その後、2班に分かれて、豊田厚生病院図書室と情報コーナー:からだプラザを見学し、流れ解散となった。

 お礼:今回は、今年1月に開院ばかりのすばらしい厚生連豊田厚生病院の会場をお借りすることができ、また、引越しで間がなく大変な図書室を見学させていただき、本当にありがとうございました。


Copyright©2010 Tokaichiku igakutoshokan kyogikai. All Rights Reserved